数寄mono

クルマ・PCガジェット・歌舞伎・ワインをこよなく愛す
好事家のブログ

激戦!棋聖戦第三局は
ケンシロウvsラオウのハイスピード奥義応酬バトル

激戦!棋聖戦第三局は  ケンシロウvsラオウのハイスピード奥義応酬バトル

「©武論尊・原哲夫/NSP 1983」

第三局は序盤から大激戦

藤井聡太七段が勝利すれば史上最年少でのタイトル獲得となる「棋聖戦第三局」は、北斗の拳のケンシロウ(藤井七段)とラオウ(渡辺棋聖=三冠)のぶつかり合い、奥義の応酬、「アタタタタタタタ・・・」という声が聞こえそうな超激戦となった。

 

互いに紙一重の間合いでかわし続ける

互いの拳が頬をかすめ、相手が放つ必殺の一撃を紙一重の間合いでかわし続ける。

並の棋士ならあっという間に「ひでぶっ!!」という断末魔を残して「お前はもう死んでいる」状態になりそうな対決は、さぞや神経をすり減らしたことであろう。

そんな超ハイスピードバトルが続く中、1発、2発と渡辺棋聖の拳が藤井七段の身体を捉え始める。

「うぐっ」藤井七段が膝をつく。

 

強敵(とも)への敬意、そして奥義炸裂!

しかし渡辺棋聖は手を緩めない。それが強敵(と書いて『とも』と読む)への礼儀だと知っているからだ。

『天将奔列』!!!(両の掌から放たれる強烈な闘気波を相手に浴びせかける技。拳王ことラオウの必殺技。※渡辺棋聖は棋王でもある)

必勝の奥義が炸裂した。

勝負あり。

ケンシロウ、いや藤井七段は敗れた。

 

第四局は7月16日(木) 藤井七段は究極奥義を会得できるのか⁈

しかし二人の勝負はこれで終わりではない。

7月16日(木)には棋聖戦第四局が行われる。

藤井七段はそれまでに究極奥義『無想転生』を会得できるのか。

捲土重来、藤井七段が再び渡辺三冠に挑む。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top